製薬企業向け在宅コンタクトセンターソリューション

概要

顧客や取引先をつなぐコンタクトセンターは、企業にとって重要な役割を担っています。

特に昨今、顧客や自社の感染リスク低減に向けたテレワーク化が進み、これまで対面によるコンタクトを中心としていた担当業務もコンタクトセンター対応へ一部切り出すなど、従来のコンタクトセンターが担っていたサポート的役割から、対応範囲や求めるスキル、企業としての位置づけも変わり始めています。

そのような状況下で、現在各企業様では、在宅コールセンター化の必要性を感じているようですが、米国の71%在宅実施済みに対して、日本のコールセンター運営企業の約15%が在宅実施済み、約26%が在宅予定に留まり、在宅化ができていない実情が、調査結果(リックテレコム調べ)からも明らかです。

そこで、この度CTCでは、オールインワン型の在宅コンタクトセンターソリューションの提供により、コンタクトセンター業務の在宅環境へのスムーズな移行を支援します。

どのようなコンタクトセンターシステムを採用することで、業務の効率化や情報管理を行うことができるのか、コンタクトセンターにどのような役割を持たせられるのか、製薬業界のクラウドコンタクトセンターシステム導入事例など、長年に渡りコンタクトセンタービジネスをリードしてきたCTCから、現状のトレンドなどを交えたご紹介をいたします。

セミナーサブタイトルAfterコロナを見据えたデジタルデータ活用
開催日時2021年2月3日(水)15:00-16:00
セミナー詳細・在宅コンタクトセンターソリューションの紹介
・デジタルデータを活用したコンタクトセンター
主催伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

協力:ジェネシス・ジャパン株式会社
注意事項​ZoomによるWebセミナー(来場不要)
※参加方法は、お申込み後にご案内いたします。
お問い合わせ先名伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
〒141-8522 東京都品川区大崎1-2-2 アートヴィレッジ大崎セントラルタワー
ライフサイエンス事業部 技術開発第2部 マーケティング課
ls-marcom@ctc-g.co.jp